Midokoro © Japan Events & Travel Boutique
Мидокоро © Туры и гид по всей Японии
1 2 3 4 5 6 41
協定機関との懇談・交流会

2015年9月16日ホテルグランヴィア京都にて京都府旅行業協同組合主催の協定期間との懇談・交流会に参加しました。 京都府旅行業組合による現状報告の後は、各情報発信ブースにて情報交換会が行われ、その後は交流会が開催されました。 多数の方の参加され、旅行業活性化の良い機会になりました。

TKC経営支援セミナー2015

2015年8月26日、大阪の池田商工会議所で行われた「TKC経営支援セミナー2015」に参加してきました。 今回は、本年10月に動き出すマイナンバー制度について企業経営者対象としたセミナーでした。また、大阪の取引業者の方々と親睦を深めました。

舞妓さんとの夕べ

2015年7月22日、「祗おん 新門荘」にて(一社)京都府旅行業協会青年部による青年部納涼例会「舞妓さんとの夕べ」が行なわれました。 今回の例会は、この季節限定の屋上ビアガーデンでした。 京都ならではの和風ビアガーデンで、舞妓さんが各テーブルを順次廻って談笑や写真撮影をしてもらえます。 午後8時頃に特設ステージで舞妓による「京舞」2曲のご披露がありました。 舞妓さんと過ごすビアガーデンは外国人や京都以外からのお客様にも気軽に提案できるスポットです。

妻籠宿・馬籠宿 視察

2015年6月28日−29日の2日間、長野県にある妻籠宿と馬籠宿の視察に行ってきました。 妻籠宿は中山道42番目の宿場で、日本で初めて町並保存に取り組みました。脇本陣奥谷のすぐ近くにある歴史資料館では、スタッフの方が当時の生活の様子や、明治天皇が行幸の際に特別に設えられたというテーブルとトイレについて説明してくださいました。贅沢な品々を準備したにもかかわらず、明治天皇の滞在はたった一時間程度だったそうです。 馬籠宿は妻籠宿と同じく中山道の宿場町で、島崎藤村の故郷でもあり、小説「夜明け前」の舞台になっています。 妻籠宿・馬籠宿とも江戸時代の参勤交代で多くの人が行き交った面影が、今でも残っています。 その後、愛知県犬山市にあるリトルワールドに寄りました。屋外に世界各国民族の伝統的な建造物が並んであり、世界のグルメや民族衣装体験をすることができます。北アメリカのインディアン・インドネシアのバリ島・ドイツ・フランス・イタリア・ケニア・スウェーデン・アフリカ・タイ・トルコ・韓国・ネパール・トルコなどなど…スタンプラリーや謎解きをしながら、1日で世界一周旅行をした気分になれます。 今回宿泊したのは、妻籠宿や馬籠宿などの歴史的文化遺産へアクセス便利な旅館「ホテル木曽路」でした。世界一大きい石風呂や県内最大級の大庭園風呂があり、開放感のある天然温泉リゾートとしても充実しています。こだわりの木曽路ビールが楽しめる和食・洋食約40種類のバイキングレストランがありました。

京都五花街合同公演「都の賑い」

2015年6月27日「南座」にて第22回京都五花街合同公演「都の賑い」を観覧してきました。京都五花街合同公演は6月27日と28日の2日間のみ開催され、京都にある「祇園甲部・宮川町・先斗町・上七軒・祇園東」の五つの花街が集い約80名の芸舞妓が演目を披露します。 その2日間の夜は老舗料亭やホテルにて芸舞妓と宴を楽しむ「五花街の夕べ」も開催されました。

ロシア連邦ナショナル・デー・レセプション

2015年6月11日大阪府豊中市の在大阪ロシア連邦総領事館で開催されたロシア連邦の建国記念日を祝う「ロシア連邦ナショナル・デー・レセプション」にご招待いただきました。子供連れの家族での参加も多く見られ、賑やかなレセプションでした。

(一社)京都府旅行業協会・(一社)京都府旅行業協会青年部定例会 定例総会

2015年6月1日ウェスティン都ホテルにて(一社)京都府旅行業協会と(一社)京都府旅行業協会青年部の定例総会が開催されました。 (一社)京都府旅行業協会の定時総会では正会員136社から32名の出席がありました。議案審議の後、新役員の発表がありました。平成27-28年の新役員・会長には有限会社コムス(コムスツアーズ)の御池文章さんが選ばれました。 (一社)京都府旅行業協会青年部の定例総会では、平成26年度の事業報告、平成27年度の事業計画案の報告がありました。

京都府庁来庁

先日、京都府府庁に来庁してきました。京都府府庁は京都御苑のすぐ近くにあり、旧本館と本館があります。 明治37年(1904)12月に完成した京都府庁旧本館は、現役で使用している官公庁建物としては日本最古の建造物だそうです。昭和37年までは京都府庁の本館として使用されていて、現在は執務室や会議室として使用されています。 旧本館・正庁の中央にあるバルコニーは人類初の有人宇宙飛行を成功させたガガーリンが、昭和37年の日本来日時に京都府庁旧本館を訪れ、詰め掛けた観衆に手を振ったバルコニーとして新聞にも掲載されています。その場所には現在も当時の写真が飾ってあります。正庁は京都府庁旧本館のシンボル的なお部屋で天井の高さが5mあります。実はそこで結婚式を挙げる事もできるそうです。 旧本館が府民に愛される施設になることを目指して、正庁の部屋と同様、旧議場(写真)もコンサートや催し物として有料で開放されています。

鴨川をどり

5月10日春のおどり「鴨川をどり」を見てきました。「鴨川をどり」は期間は5月1日~24日までです。春のをどりは京都五花街と呼ばれる「祇園甲部・宮川町・上七軒・先斗町・祇園東」で行われています。「祇園東」の「祇園をどり」だけは秋のみの公演となっているので、春の開催はされていません。春の公演は、残すところ「五花街合同公演」のみになりました。

第14回「白毫寺九尺ふじまつり 」

2015年5月5日兵庫県丹波市にある白毫寺にて第14回「白毫寺九尺ふじまつり 」のふじまつり開会式典が開催されました。 オープニングセレモニーでは大正琴演奏やアカペラコンサート、餅まきなどが披露されました。見頃を迎えた藤棚は圧巻で、観に行った価値がありました。 夜もライトアップされていて、赤・青・黄色などのまた違う藤棚の雰囲気が味わえるので必見です。

甲賀

2015年4月25日滋賀県甲賀市にある甲賀忍術屋敷と甲賀の里忍術村の視察に行ってきました。「甲賀忍術屋敷」は江戸時代に建てられたからくりのある忍者屋敷として日本で唯一現存されています。家の中にいくつか隠れているからくりの説明を聞き、忍者が実際に使っていた道具などの見学ができます。 「甲賀の里忍術村」は鈴鹿山麓の原生林に囲まれた広大な敷地内に志能備神社・忍術博物館・からくり屋敷・手裏剣道場といった施設があります。 昔ながらの隠れ里の雰囲気を味わうことができます。どちらの施設も忍者の衣装の貸し出しをしていて敷地内を忍者の姿で回ることもでき、忍者の手裏剣なげ体験もできます。

都をどり

4月18日春のをどり「都をどり」へ行ってきました。「都をどり」は毎年同じ日程で4月1日〜30日までです。 今年はどの「春のをどり」も一通り観に行っています。どちらも会場や演目に個性があり、それぞれ違う印象を受けます。 お茶席では「都をどり特製団子皿」をもらいましたが、去年とはお皿の色が違いました。来年は何色か楽しみにしながら…大事に残しています。

1 2 3 4 5 6 41